季節を問わず日焼けブロックで敏感肌を守る

このサイトを最近では詳しく役立てて勉強しています

敏感肌を取り立てて意識しないで生活していた私が、自分の敏感肌を痛感させられたきっかけは30代になるかならないかの頃の日焼けのトラブルです。
ちょうど初夏の季節で、日差しが強くなってきたなあと感じていました。色白の方なのでちょっとくらいの日焼けでも肌が赤くなってその後はあまり日焼けが残らない方だったのですが、その時はぶわっと赤くなった顔の皮膚がいつまでたっても赤みが引かず、それどころかかゆみや小さなブツブツのようなものが出始めたのです。


私は子供のころからあせもにもなりやすい性質だったので、額などに汗を掻いたからあせもになったのかしら?と自分でも変だなと思ったのですが、さしたる原因もわからずとにかく化粧水でクールダウンしながら様子を見ました。
肌が赤みを持っているせいで前より日焼けが進むといけないと考え、SPF50+というようなかなり強力な日焼け止めも導入しました。それを下地の代わりに塗って上からお化粧しました。すると当時の日焼け止めは今よりもお肌の乾燥を進める傾向にあったため、もともと日焼けによるダメージで状態の良くなかった顔の皮膚が余計に過敏になり、もはや化粧水も沁みてしまってつけられないようになりました。


これは非常事態だ、と焦った私は皮膚科に行こうかどうしようか迷いつつもドラッグストアで「肌のバリア機能を強化する」という泡の状態のスキンケア商品を見つけました。外的な刺激から肌の内側の組織を守るということだったので、それを塗布してから赤ちゃんも使えるという日焼け止めを塗り、お肌の状態が良くなるまでなんとか耐えました。

037.gif028.gif029.gif
以来、真冬でも決して日焼けをして肌が敏感になることの無いように、トラブルのきっかけそのものを防ぐために通年日焼け止めを使用しています。最近はしっかり日焼けを防いでも肌への負担の少ない日焼け止めが増えてきたので助かっています。敏感肌には日焼けは禁物!を肝に銘じてそれ以来あれほどのトラブルは抱えないで済んできています。"


[PR]
by kumamma24 | 2014-02-06 23:22 | 日記美
百人一首を覚えられない! >>